2019年01月16日

踊り子×湯けむり×小熊猫

190105

東京は初雪が降ったそうですけど、目視したわけでもなく本当に降ったのかな? って。自分の住んでいる街のことなのに、Twitterでフォロワーさんに教えてもらう始末ですからね。無頓着にも程があります…。一見、とても天気が良くてさぞ暖かいだろうと一歩外へ出てみると、とても冷たい風が吹いていたりして、本当に暖冬なのかを疑う始末。でも気温自体はやはり暖かい傾向みたい。

なんだかなー(´・ω・`) よくわからないや。と言っても、普段の服装は全く変わりませんけどね。唯一、変えているのは手袋ぐらいですかね。指出しのブラックシープかモンベルの防風グローブのどちらか。タッチパネル対応のものは、どれもイマイチであまり信用していないのが実情。

そもそも普段から、頻繁に見て操作するわけではないので、グローブ外してしまえばいいだけなんで。それとカメラのシャッターが切れないので利き手は指出しで、麻痺手はグローブとか変則的な使い方をしていたり。でもその指先の僅かな感覚が寒い日にはより一層、冷たさを感じてしまう。

ミトンでも良いのでしょうけど、少しでも麻痺手を伸ばしてやりたいので、毎朝、一本ずつしっかり伸ばして、手袋を通している次第。一年中手袋はするようにしていますね。なので素手の生活は違和感がありすぎて、公共施設などの手すりや押しボタンなど、抵抗があります。素手じゃ無理。

正月休みに、東京タワーを撮りに行ってきたのですけど、予想以上の混雑でまともに撮ることすら出来なかった。先週の木曜日、仕事なのにショルダーバッグを背負って出社、帰りに大門にある世界貿易センタービルへ向かいました。最上階(地上152m)にある展望台、シーサイド・トップへ。

17時30分過ぎに到着して、障害者料金(360円)を支払い、直通のエレベータで40階まであっという間に到着。気圧差で耳がキーンとします。たかが40階程度かもしれませんが、私にしてみれば十分高い。何度か書いていますが、高所恐怖症の私。高いところに来るとメンタルが完全崩壊します。

前回来たときは、人が多すぎで三脚が立てられ無くて(三脚使用OK)、仕方なく手持ちで撮ったのですが、ものの見事にブレまくった写真でした。露出もシャッタースビードも普段なら問題なく撮れる写真なのにブレていた。手ぶれ補正の限界を超えるほどの震え…。まさにおじいちゃん...。

リベンジのつもりで来たのです。今回は人も少なく少し待てば撮影できる。三脚を小さく立てて、あぐらを組んで他のお客さんのじゃまにならないように小さくなって撮影を始めるのですけど…。場所がキープ出来たということは、ガラスにより近づけます。その瞬間真下が見えてしまう(*_*)

見たくないものが見えてしまうのって、高所恐怖症にとってはやっちゃダメなやつです。一気に変な汗がドバーッと出まして、絞りやシャッタースピード、ISO感度まですべて真っ白に…。終いには操作方法すら混乱して、AFとMFの切り替えが出来ず、正直どうしていいのかわからない...。

しばらく何がしたいのがもわからず、ボタン触っては違うなーと、慌てふためいてしまった。この時は自分の障害を呪いますね。混乱しパニックになり、考えが定まらない例の障害...。なんとかMFの設定をして、帰りたい気持ちを整え直す。普段よりやけにシャッタスピード長いなと思いつつも何枚か撮れた。立ち上がりまた別の場所で撮るのですけど、なるべく壁側を沿うように歩きます。

ガラスに近い椅子をそーっと壁側に持ってきて座ってから落ち着いて撮影。立ったままだと足元見えてしまうので、ちょっと無理。なんとか撮影が終わり機材をリュックにしまいつつ、もと来た道を帰るのですけど、いくらなんでもここまで高所恐怖症だったっけと考えてしまった…。

高所恐怖症であるのは間違いは無いんだよね。でもいくらなんでも異常だよなーと。考えているうちに、なんとなくわかった事があった。片目の損失、それと片麻痺の歩行。失明は言うまでもなく視野が狭くなっていること、見えないということは恐怖。それが高い場所ならなおさら倍増する。

そして片麻痺の歩行。杖なしで歩けるほどの方なら、そこそこ体幹ができているから気にならないだろう。しかし、杖に頼り装具に補助してもらって歩いている人間にとって、万が一よろけたり、人とぶつかってしまった場合、自分がどちらに倒れるかも予測ができないとなるとね。怖いわ。

それに輪をかけるというか、見えない障害の恐怖がダブルで襲ってくると思うとね。そー考えると高い場所での撮影とか無理なんだろーな…。リベンジと意気込んでみたけど、根本的に無理なんだと悟ったよ。シャッタースピートが遅かった理由は、NDフィルター付けたままレンズ交換してたし。普段なら気づいて外してただろう。遅かったら気がついて外していたに違いないのですよ。

高いものはこれからも撮り続けますが、基本的にはローアングルがメインになりますかね。前回撮った観覧車とか、未だになんのために乗るのかわからんし、吊り橋効果的な…。知らんわそんなの。家帰って大きな画面で見ただけで震えますからね。ヘタレで良いですもん。高いところは…。

190106

連休は若干の変更はありつつも、東伊豆方面へ日帰りで遊んできました。本来は富士宮へ行くために高速バスのチケットを予約していたのですが、前日と当日の朝までお腹の具合あまり良くなく、ちょっと美味しいものを食べようとしていただけに、また次回にしようとキャンセルしまして。

朝5時のタイマーは切って、二度寝すると、9時過ぎに起床。お腹もそこまで酷くなくなっていたので、この時間から出かけられる場所を探しはじめます。川崎から踊り子乗れば、ちょうどお昼に着きそうだなーと。前日に荷物はセット済みだったので、後は出かけるだけ。気軽な旅でした。

出掛けたのは熱川。熱川温泉のある街です。そして熱川といえば、バナナワニ園ですよね。ただバナナもワニもそんな好きではないのに、何故行ったのかいいますと、第一の目的は『レッサーパンダ』なんです。次が『日帰り温泉』、そして『スーパービュー踊り子』に乗るという(^ν^)

レッサーパンダはバナナワニ園に、日帰り温泉はネットで調べきれなかったけど、多分あるだろうと。スーパービュー踊り子は乗っても乗れなくてもいいかなー程度。温泉は前日フォロワーさんの呟き見て情報教えてもらいまして。年末に温泉入ろうと予定には入れてましたが、今回が良いきっかけになりましたね。ムスメちゃん、ありがとなー! ママンの方は、別にいいやー(^ν^)

中伊豆、西伊豆はよくクルマで行ったのに東伊豆は、小学校の伊豆高原の遠足以来。電車ではとても久しぶりでした。熱川に到着してわかったこと、窓口でクレジットカード、SuicaやPASMOが使え無いという...。しかも最寄りのATMが急な坂道を10分(一般人)くらい上らないと無いという。

それを知ってから、一気に雲行きが怪しくなってきた。財布には万札が一枚と小銭が少し多め。多分なんとかなるなーと。まず腹ごしらえのために、近所で唯一のお店へ。まー、値段も観光客目当てで大した料理でもなかったので晒さないですけど、料理人というより仕切ってるおばちゃんがうるさい上に、ちらしなのに醤油もわさびも無くて、ほんとがっかりしてしまった(´・ω・`)

駅に戻り観光窓口で日帰り温泉のリストを頂いて、勧めのホテルを教わる。時間は15時以降というので、バナナワニ園行って帰ってくれば、ちょうど15時くらいかなーと。ホテルまでは送迎バスが出ているので安心した。熱川は障害者には不便極まりない、急な坂が多すぎてちょっと無理。

190107

190108

バナナワニ園は分園のレッサーパンダだけしか見に行かなかった。HPの雰囲気と建物のギャップが凄まじくて一気に萎える。ちょっと熱川との相性悪いなーと(´・ω・`) レッサーパンダは大きな木があり、私が行った時は2頭ほと放たれていた。それ以外はゲージの中。ちょっとなー、って。

木の中探してやっと見つけたものの、200mm以上の望遠は必須。木が大きすぎますからね。105mmでは全然足りてない。なんとか見つけて目があった時を連射しまくりますが、なんだかなーと。日本平や多摩動物園を知ってるだけになんだかなーと。ベンチで阿藤快になってましたわ...。

もう意気消沈ですよ。後は風呂入って帰ろーとなりました。私が日帰り温泉で利用したのは『ホテル カターラ』。利用料金は1500円でバスタオル付き。ちょうど15時に着いたので日帰りの利用客は私だけ。宿泊客が浮き輪とか持ってたからまさかと思っていましたけど、風呂とは別で温水プールがあったりジャングルスパ(水着着用)があったりと楽しめる仕様になっていました。

190109

誰もいない大浴場と露天風呂を独り占め(^ν^) 思わずiPhoneで撮ってしまった。防水じゃないのに。装具も付いてないのに。馬鹿ですよね。モラルを疑われますな。うーん...。なんかすまん。開放感と久しぶりな感じで我慢できなかった。フルチンで寒い中パシャリとしてしまった訳です。

iPhoneをロッカーに戻してしばらく、30分位浸かっていたら、やっと宿泊客が少しずつ入ってきまして、露天入っては内風呂などを楽しみ約一時間で出てきました。温泉入れてよかったです。翌日も無駄に肌すべすべだったりしましたから。やっぱりアレは合っていたんだ。行く前の川崎の奴。

帰りは下り坂と上り坂を上がり10分前にチケット窓口に到着。乗れればラッキーと思っていたスーパービュー踊り子に間に合いました。伊東を過ぎたあたりだったかな。なんとかギリで現金間に合ってよかったと...。そして思い出す。あー!!! 障害者割引使うの忘れたー!!! って。時間がドンピシャでお金が足りたことで完全に割引のことを忘れてしまっていたのです。

相性の悪さを温泉に浸かって洗い流せたと思っていただけに、この仕打は無いよなーと凹みました。駅員もさー、目的地が分かってて100kmオーバーしてるんだから、気を使えよとか考えた。でも自業自得。自分で提示しなかったのが悪いのだから...。温泉入れただけが良かった旅でした(T_T)

190110



posted by healxheel at 00:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする