2018年09月19日

戻ってきた!!

180914

涼しい日が続くようになってきましたが、まだ雨が降ったりやんだりの日々で朝のレインジャケット率が高かったような気がしました。あれだと、ゴアテックスといえど、蒸れるときは蒸れるんです。会社着く頃には汗びっしょり…。結構煩わしいですわ。

会社に着いたら着いたで、エアコンの問題が出てきます。気温が低いからスイッチを入れない。するとだんだん暑くなる。不快指数が枠内に収まってるから電源を中々入れられない。でもワークステーションのPCが8台、全てデュアルモニターでしょ...(;´Д`)

嫌でも暑くなるのですわ。そのうち我慢できないと誰かがスイッチを入れる。涼しいのははじめだけでだんだん寒くなってくるのです。普段なら何一つ文句を言わないでジャンバー着る私でも、寒いーっすって。みんながダイキンに変えたがってるんだよねー。

連休前はK夫妻の奥様の誕生日だったので、美味しいものでも食べ行きませんか? と予定をお伺いしていたのですけど、親族の方がお見えになっているようなので、また別の機会となりまして。何もしないで引きこもるのだけは嫌だったのでどーしよーかと。

そんな時、Twitter仲間の方が、事前調査に行ってくると名指しで書いてありました。完全に煽られたw 目的地は大阪日本橋のポミエってお店。なんかヤバそうなんですよ。メインはとんかつなんですけど、からあげもヤバイ。ビジュアルが半端ない…。

ちょっと前にいつ行くのよって、返事書いたら事前調査してくるわってことだった。せめて夜行バスのチケットを取るタイミングなら行くことも出来たかもしれないけど、新幹線とか無理だし。とんかつだけ食いに行くの無理だし…。なんかやるせない気持ち。

なんか火がついたんですよ。とりあえず三連休の初日は、身の回りのこと、買い出しや床屋行って、中日と最終日をどうするかと。私がラーメン二郎で大とかペロリと食べていた頃、唯一敗北を味わった店がある。食べすぎてお腹が壊れたんですよ(;´Д`)

言葉の通り、トイレ駆け込みまくりで大変だった。量自体は普通なんですけど、おまけというサービスの暴力が半端なかった。ネーサンちの近所ということもあって、過剰なまでのサービス…。半チャーハン半ラーメンが通常サイズだし、定食のスープがタンメンだったことも…。はいオマケねってレバニラが普通のサイズで来たこともあった…。

そんなクレイジーなお店。ネーサンとも今でも食べすぎてお腹壊れたねーと、たまに話す。10年以上前の話ですけど…。早速検索をかける『保志奈食堂』。残念なことに中日は定休日になっていた。うーん残念…。天候自体も曇りのままだったし微妙になる。

180919
 今度リベンジ...出来ないけと食べに行くから待っててね! この豚野郎!!

行くなら行ったで綺麗な富士山撮りたいですから。前回でも書いた中央公園とかも久しぶりに行ってみたいじゃない。そんな時、保志奈同様に何件かのお店を思い出すのですけど、閉店されていたり、車じゃないと行けなかったり、ただ一軒を除いてね(^_^)

目標が定まった。富士山撮影は別の日にして、障害者としてはじめての遠出をすることにした。場所はよく行った静岡県富士市。その中でも当時から寂れていた吉原宿へ行く事にしました。早速、ルートを考えるのですが手っ取り早いは新幹線で新富士まで…。

予算として、給料前なので1万円で済ませたい。私の住む場所から新富士までは100kmを超えるので乗車券は障害者割引で半額になる。乗車券が2590円の半額で1295円の切り捨てで1290円、プラス2480円(自由席)で片道3770円になります。

もう一つのルートとしては東海道線でゆったりと行くコース。熱海で乗り換えはあるものの、2時間30分くらいで行けるのです。この場合は吉原で降りて岳南電車で吉原本町まで。しかも乗車券半額でたったの1130円ですから。ちょっと驚きの安さ(^ν^)

180915
 昔は岳南鉄道だったはず。この時期はハロウィン仕様になってました。相変わらずかわいいな

更にハイウェイバスを利用する手もありましたが、事前に予約しておかないと席は取れないので止めました。しかも今の時期は集中工事が始まるようなので冬になるまでお預け。バスも半額になるから1150円で時間も2時間ちょっとなのでほぼ一緒かな。

翌日、朝8時過ぎに家を出てみどりの窓口で吉原まで障害者手帳を見せて購入。改めて安さに驚いた。ついでに熱海までグリーン券(780円)を購入。川崎から東海線の快速アクティーで熱海まで行くのですが、とても混雑してました。なんとか座れましたけど、カップルは座れなかったみたい…。グリーン車なのに、座れないとかはじめてみたよ。

二時間半の長旅を終え、着いた場所、吉原。クソ懐かしい匂いがプンプンした。今日は海から来る風でしたか。昔ほどではないけど今でも製紙工場の煙突から出る煙は独特の匂いがあるのですけど、それはそれでとても懐かしい匂い。相変わらずクセーなと。

180916

ブラジルや韓国の店がせめぎ合いをしている寂れた商店街。シャッター商店街を横目に見ながら向かった先は『中華料理 瓔珞(ヨウラク)』。ここは私の嗅覚が嗅ぎつけたレアな店。地元でも知っている人は少ないです。商店街から少し離れているし(;´Д`)

このお店の”レバー炒め”は、これまで散々いろいろなお店で食べたレバニラ?では、決して敵わない、まさに私好みのレバー炒め(ニラレバ??)なんです(^ν^) 細めのもやし、衣をつけたレバー、さっぱりで透き通ったタレ。このバランスが食べたかった。

久しぶりに食べて、本気でウルッときた。泣きそうでしたよ。味付けも食感も昔のまま。なぜこの味が他のお店で食べられないのか…。悔しいですね。そこそこ美味しいレバニラは美味しいのは見つけたけど、やはりここの味に勝るものは無いのですよねー。

今回の目的はこのレバー炒めを食べることが目標でした。そんなことのために馬鹿だねぇと思われるかもしれません。実際ネーサンにからかわれたし(^_^;) でも、大病を乗り越えて戻ってきたという気持ちは誰にもわからないだろうな。そのくらい嬉しい。

180917
 発症後、何度か夢に出てきてました。念願叶いウルウルとした(´;ω;`)ウッ…

発症前はしょっちゅう遊びに来てて、渋谷や新宿にいるよりも吉原のほうが圧倒的に多かった私にしてみれば、こんな寂れて臭い街でもとても大事な場所なんです。地元より好きなのかもしれません。今はネーサンが居ない街ではあるけれど、懐かしいのです。

長時間の移動で疲れは何処まで耐えられるのか、自律神経の乱れは出ないかとか、その後歩くことはできるのかとか、いろいろと確かめたわけです。本来の目的としては富士山を撮るという事。いわばロケハンをしてきたわけです。標準レンズ一本持ってね。

ただ、交通機関が少なすぎる。都内のような本数でバスは走ってないし、タクシーも異常なくらいメーターが早い(過去に経験済み) 現実的にいくつかのポイントで撮影はできそうだけど、基本クルマが必須となりますね…。まぁ限られた場所でどう撮るか…。

自信はついた。次は日本平行くぞ!そして京都、大阪と距離を伸ばしてやる。じわじわ行くから待っていやがれ! 食いしん坊が狙っているからな!! その前にお金貯めておかないと(^_^;) 行ったはいいけど見るだけでお預けとか耐えられないから(;´Д`)

一日中曇りのはずが帰る直前、一瞬だけ富士山が顔を出したのでパシャリ。今度ちゃんと撮るから。帰りは新幹線。指定が取れなくて心配したけど、自由席で普通に座れた。3770円ね。交通費だけで6000円しなかった。なかなかいい旅でした(^ν^)

帰ってから早めに寝ることに。夜中の2時頃に目が覚める。久しぶりに夢を見ました。15、6年前の夏の夜。ネーサンとホタルを見に岳南鉄道近くの公園へ。虫除けスプレーを持たずに。たださえ刺されやすい体質の私がキレまくってるんですよ(;´Д`)

ホタルなんかいーわっ!! って。そこで目が覚めた(^_^;) なんか昔の記憶を掘り起こす旅になってしまったね。記銘力が弱くても、昔の記憶を思い出せたし。その後、ネーサンと話したらしっかり覚えていて、二人でゲラゲラ笑ったよ。 嬉しいね、ホント行ってよかった! 次はなんの思い出が蘇るかな? 楽しみだわー(*´ω`*)

180918
 ずーっと曇ってたのに帰りのバスに乗ったら晴れ間が見えて、駅に着いたら頂上が見えていた(^ν^)

posted by healxheel at 00:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

そらそらそらー、かぜかぜかぜー

180906

先週の朝の天気、なかなかスッキリとしない日が続きました。降りそうかな、止んでいるのかな? と。判断の難しい日がとても多かったような気がします。家を出てバス停へ向かうときには降っていなくて、降車して駅まで歩く間だけ降るとか(´・ω・`)

雨の降る確率は通勤時間の時だけというのが、腹立たしいといいますか、何なのよーとなりますね。駅から5分程度で着く会社まで、土砂降りとかね...。わかっているけどとても萎えますから。たった5分のために傘を持ち歩く気にはとてもなれませんね...。

片麻痺の傘は、装着する時間がどうしてもかかってしまう、行きも帰りも確実に雨という日なら間違いなく傘を持っていきますけど、それ以外の場合はレインジャケットをカバンに忍ばせて、雨が強く降ったら着る、ポツポツ程度ならそのまま歩く...。とまぁ、そんな感じ。晴れ間が見たい、見てはいるけど快晴であってほしいのですよ。

週末は、そこそこ天気も良さそうでしたので、朝からちょっとだけ遠出。午後からは三鷹のぽっぷサロンがありましたので、帰りに寄れるように。向かった先は立川にある、昭和記念公園。東京都でも最大規模の部類に入る国立公園へ行ってきました。

きっかけとなったのは同僚の話。お子さんたちを連れて公園内のプールへ行ってきたそうで、とても広くて回りきれないとの話でした。以前から気にはなっていたのですけど、その時に見せてくてた写真が興味を引きました。三鷹の前に行けるかなーと。

場所は立川と西立川の間にあります。立川の土地はこの公園と自衛隊の駐屯地で半分以上取られているのではと思うくらいとても大きい。JR線でひと駅分歩くだけでもけっこう大変ですからね...。自宅から都営地下鉄、新宿から中央線で行ってきました。

新宿から快特?が出ていたのであっという間に立川に到着。実は初上陸? なんですよ(^ν^) イメージとしては遠い場所で寂れているのだろうと勝手に思っていましたが、全然違いました。立川お住いの方ごめんなさい、駅前はうちの地元より立派^^;

都会の体質に抵抗力があまりない私、キョドりまくるのです。えーとえーとって。地誌的障害はないのですけど、今いる場所の把握、東西南北の確認にする。とりあえず向かう方向はわかったので、てくてくと歩き始めます。いざとなれば腕時計で確認できるので(^ν^)ね。買ってよかったプロトレック!! でも普段はまず使わないな…。

多摩動物園も行くモノレールを横目に暫く歩くと『あけぼの口』が見えてきます。大きな公園の1つ目の入り口です。中に入ってみどり橋を渡ると、奥に噴水のある、いちょう並木があります。すでに銀杏が山ほど実っていましたね。これが秋になるとしばらくは悪臭がするんだよねー。その悪臭さえ越せればきれいな写真が撮れるのだろうな。

180907

今から楽しみですわ。そしてもう一つの橋、ふれあい橋を渡るとバカでかい公園が出てきます。見渡したところで先は見えませんけどね(^_^;) あけぼの口からふれあい橋まで一時間くらいかな。写真撮ったり、休憩したりと。その日は30℃超えていました。

最終目的地は『みんなの原っぱ』にある大ケヤキ。これが目的だったのです。同僚に見せてもらった写真には大きな広場にどーんと構えているようで、思わず、コノーキナンノキ、オオケヤキーと、口ずさんでしまう(^ν^) とても立派な木なんですよね。

それともう一つ、空の見え方が半端なかった。雨雲が近づいてきては雨が降り、遠くから晴れ間が来ては、明るく照らす。なんかいーのよ。ベンチに座ってるだけで気持ちよかった。なかなか無いですよ。空をこんなに気持ちよく見ることができるのってね…。

ネーサンのいた富士市にも中央公園という大きな公園がありまして、正面にはどーんと富士山がいるのです。地元の人達はなんとも思わないのでしょうけど、都会っ子!? にはインパクトでかかったよなー。いっぺんに好きな街になっちゃったもん(^ν^)

この昭和記念公園もそのくらいインパクトありましたよ。大ケヤキの周りを写真撮りながら歩くのですが、整備された芝生と違って、適度な歩きにくさ。健常者であればなんてことはない。子どもたちが大はしゃぎしているくらいだし。散々歩いた挙げ句にこの原っぱを歩くのはね、いい運動になるんですよ。涼しくなったらまた行ってこよう。

180913

気がついたら1時を回っていた。やべーと西立川口まで向かい中央線に乗って三鷹のぽっぷサロンへ。実は午前中に当事者会代表のススムちゃんが怪我して急遽病院へ行くことになってしまって、ぽっぷ代表が誰か助けてーと、半べそメールが届いていました。

この日は、毎年恒例となっている某大学の看護師を目指している学生さんとの勉強会。学生さんが楽しみにしているのに誰もいないとか、洒落になりませんからね。そりゃ慌てるわけだよ…。高次脳機能障害の勉強会というか、ふれあいの場みたいな感じ(^o^)

学生さんが、授業で学ぶ高次脳機能障害といっても、まだまだ授業ではそんなに時間を割くほどでもないみたい。脳の場所による障害の出方、障害の種類とかまーそんな程度だそうです。実際に高次脳機能障害がどんなものなのか。私ともうひとり主婦の方が話をしました。倒れたときのことや、急性期、回復期、そして今はどんな感じなのかと。

話をしました、あくまでも自分のことをね。高次脳機能障害者の代弁者として話したわけではなくて、よくわかっている自分のことを話しました。実家でアタマがおかしくるより、早く一人暮らしをして日常の生活を確保した。難しいことは創意工夫しながら解決してきた。趣味のカメラ、3DCADの仕事などこなして充実していると話しました。

これはあくまでも私の話であって、この障害を持ってしまった人たちにはそれぞれ症状があるということを理解してもらった。リアルな障害者の話を聞き、それぞれが思うこともあったようです。教科書には載ってない話ですし。これから看護師になる上で一つ武器が出来たようなものですから。ぜひ頑張って素晴らしい看護師になって頂きたい。

最後に言い忘れたと、一言言わせてもらった。タメ口は使っちゃ駄目、そして赤ちゃん言葉も駄目だぞーと釘を刺しておいた(^ν^) 高次脳機能障害に限らず、基本全ての患者さんを、人としてちゃんと尊重しないと、後でひどい目見ることになるからねって(^ν^)当たり前の話を最後にもう一度話しておいた。伝わったかなー…。

その日は、距離にして9.6km歩いている。歩数でいうと1km/2000歩なので18000歩オーバー。翌日は足攣って4時に目覚めて、二度寝したら10時半過ぎ\(^o^)/ その日はこのblogを書くことすら出来なかった。疲労感から爆睡の連続。まだ眠いし…。でもねー、いい運動したあとは気持ち良い。まだ緑があるうちにもう一回行くとしよう!

180911

posted by healxheel at 00:00| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

リハビリなのか、ただの苦行なのか...。

180904

またヤバいやつが来ていますね。このblogをアップした日はどんなふうになっているのか想像がつきませんが、結構強い勢力で横断する恐れがあるみたい。気が気ではありませんね…。西日本側、甚大な被害にならないことを祈るだけです...。(´・ω・`)

最近、Twitterのお仲間さんが私の過去の記事をピックアップしてくれました。片麻痺と傘のことを書いた記事です。ただ、結構古いので国内の販売は終了してしまっています。現在は海外のAmazonでまだ購入は出来るのですが。中々難しいようです。

ただ、雨対策として書いてはいるのですが、台風となるとまったく役に立ちません。強度的にはそこいらの台風でも耐えうる仕様になってはいますけど、はっきり言って危険度は計り知れません。カラダごと何処かへ持っていかれるのは間違いないですから…。

素直にタクシーを呼ぶか、、、捕まるかは別問題。お休みを頂くかになると思います。台風の前後は湿度も高く、カラダにまとわりつくので、一歩一歩の踏み出しが、ウエイトを付けて歩くような感じ...。疲労感もいつもより強く出ているような気がします。

あー嫌だ嫌だ。梅雨の時期をとっくに過ぎているのに、また戻っているみたいでホント嫌だ。早くカラッとした青空の下で散策をしたいものです…。帰る頃の雷雨とかも怖いよなー、スマホで雷雨の情報が出るたびにビクつきながら慌てて帰っていますからね。

前回同様、晴れ間を狙っては水族館巡りをしております。これまで50近くまで生きてきて、これほどまで執拗に水族館へ足を運んだことはありません。あんなのカップルがイチャラコする場所だと思っていましたからね。実際そーゆー場所だから致し方ない。

でもカップルって、どちらかといえば、夜のイメージが強い、もしくは土日のデートとか…。水曜日のお昼を狙って行ってきたのですが…。まー、すごい人でした。夏休みもほぼ終わり、子どもたちはお腹が減って食事に入るだろうと踏んでいたのですけど…。

180901

向かったのは品川にあるアクアパーク品川。品プリの裏にある水族館です。ここのメインはなんと行っても屋内のイルカショー。そのイルカショーが食欲より勝っていましたね…。子連れ客で凄かったですから。お子たちにご飯を食べさせてあげないとーと心の中で思っていました。だけど会場は修羅場と化していましたわ(;´Д`) 怖かった…。

元はといえば、ネットで確認をしたときに、何だここにもチンアナゴいるやんけって。近場で撮りにいけるなら楽ちん、帰りにモンベルも寄れるし丁度いいじゃんってね。イルカショーは二の次で、あくまでもチンアナゴの撮影の練習に行ったようなもん…。

24(35)mmのとても寄れる単焦点持って、これでチンアナゴを大きく撮ってやるぜと、なっていたのですが場所が違うのと他の魚も同じ水槽に入っていて、なんかうまく撮れない。色乗りもまるで違う感じで、すぐにこりゃ駄目だわ、イルカ見に行こーと。

どちらにせよ、本番は週末のすみだ水族館でしたから、諦めのスピードは早かったですね(^ν^) イルカショーはちょうど休憩に入っているようで、ガラガラでした。一番後ろの席の通路側に席を構えて、次の時間はほぼ一時間後。のんびりぼけーっと...。

一時間後、ショーが始まると、結構楽しい。一人で来ても楽しい…。一人でも…(T_T)ウゥッ。まー、連写しまくりでしたわ。イルカの飛び出すタイミングが掴めない。右見てたら左で飛んで、左と思ったら右…。飛び上がる写真がほしいのに水面に戻っていく写真ばかり…。タイミングが遅すぎるのです。今だっ!!と思ってもワンテンポ遅れる…。

遅いんだよね。アタマの回転が遅くなったせいもあり、瞬間的に押すことが出来ないのです。昔なら、今だ、カシャ。だったのが、今だ、、、カシャって感じ。あまりストレスは感じない脳になったはずなんですけど、こればかりはちょっとストレスかもねー。でもまー、奇跡的な写真がうまく撮れたので良しとして、帰ってきました。

180902

180903

週末はリベンジのため、この一週間、仕事そっちのけでシュミレーションをしていました。CADは無意識で小人さんが勝手に操作していたようです(;´Д`) 後でよく確認しておかないと…。前回の写真はトリミングしまくりでしたけど。今回は一切なし。

”シャークネード”のイルカはもちろん、”ペンギン・ハイウェイ”のような浮遊感ある写真? もトリミングはないっす。もちろんチンアナゴ達も。別に大したことない写真でも、片麻痺でレンズを変えながら必死に撮った写真はとても満足の行くものなのです。

持っている機材と自分のテクニックではこれが限界という感じのものが撮ることが出来たのです。リベンジ達成ですね。満足ですもん。下手の横好きと言われようが、ピントがど真ん中だろうと関係ない。一発目のショットでキターって確信がありましたもん。

一週間考えたのは、アクリルの層が歪ませているんじゃね...。なら同じ目線で構えてみる。中腰だと低くできない、片膝ついて構えることにした。それとレンズフートで余計な光を入れないようにアクリル層と密着。これだけでAFが普通に来てしまった。今まで何だったのだろうと…。それ以外にも対策を用意していましたが全く必要無かった。

杖つきで装具必須の一種一級の障害者に、片膝ついてカメラ構える事自体結構大変なのです。いざ片膝ついたところで、また立ち上がるというのも大変。しかも床はコンクリだし。それをレンズ買えながら1時間近く撮っては離れて、また空いたら撮りに行っての繰り返し。PTでもいたら熱心にリハビリしているわねーとか思われたかも...。

なんでもかんでも、リハビリというのはあまり好きではない。けど、やっている苦行はまさしくリハビリに映ったのではないだろうか(-д☆)キラッ これで一旦、水族館通いは終了です。次なる苦行は何処でやろー。またレッザーパンダ行きたいなー。今話題の? サンリオ男子(オヤジ)だからな!? ”アグレッシブ”にグイグイ行かないとね(^ν^)

180905


posted by healxheel at 00:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする