2014年02月23日

さりげないセンスがキラリと光る!?

IMG_2158_Fotor.jpg

前回は装具(TAPS)にチタン合金を採用したネジ類を交換しました。その時に、何と無く気になっていた事がありまして、、、私の装具は支柱が一本だけある後方平板支柱というもので、素材がカーボンだったりします。TAPSの最も特徴的なものなんです。はじめはその見栄えの格好良さからコレがいい! って衝動的になりまして(実際は、足に合うものを選びました) 。。。そのカーボンが、あまり美しく無いよーな気がしてきたんです。

美しく無いと書きましたが、どーゆー事? ってなります。ここで書いているのは、単に光沢が無いと言っているだけでして、別にカーボンの平織りが綺麗に揃ってないじゃん! とか、そんなこと言っていません。てか判断が出来ないもん。綺麗汚いのの基準がわからない。。。多分、装具なんだから極力おとなし目で仕上げているのでしょうね。装具使っている人は、なんか引け目を感じているのでしょうか? 私はむしろ、どうだい? 俺の足カッコイイの付けてるだろー! コレ装具って言うんだぜ!! って、まー、相手にされませんが、でも私はそー思っているんですよ。だから装具のベルトは赤で黒いフェルトの部分は赤いステッチで縫ってもらい、全く引け目を感じるどころがむしろ派手。結構、装具ってカラフルにしている方も居ますよね。

ここからは真似しないでください。装具が壊れて泣くのは自分ですので。ただ、この馬鹿また始めた、と思っている方、蔑んだ白い目で見てくれれば嬉しいです。ドMか!

IMG_2140_Fotor.jpg

まず装具を分解して後方平板支柱を取り出します。とてもマットな感じで、少々傷も多いですね。まーそんなに強く拭き取ったイメージは無いのですが。でもまー、この辺の拭き傷も含めて磨いてしまうので関係ないです。以前、パラコードのブレスレットを作っていた時にブレスレットメーカーみたいなものを作りました。今回は、片手で幅20mmの平板にペーパー(紙やすり)を当てて擦るので、固定が必要です。このブレスレットメーカーが、このためにだけにあるのでは? と思える位ジャストフィット。

IMG_2179_Fotor.jpg

ペーパー(紙やすり)はタミヤのフィニッシングペーパーの細目セット仕上げセット。コンパウンドに同じくタミヤのタミヤコンパウンドの細目仕上げ目を用意して水をつけて擦っていきます。一度、拭き傷を取るため、#400で擦ります。次に#600、#1000、#1200、#1500、#2000と仕上げて行きます。で、最後はコンパウンドを細目でしばらく磨いて、仕上げ目でフィニッシュ! そして完成です!!

IMG_2149_Fotor.jpg

時間にして1時間半位で装具を分解、磨き、組み立ての工程を終えました。いやー見違えましたねー。ピカピカですよ。つるピカハゲ丸くんですわー!! でもねー、このツルピカ装具くん、外した時にしか見られないんです。装着していると自分で見ることが出来ないし、ズボンの裾を膝まで持ち上げないと周りの人に見せる事が出来なかったりします。。。

こんなもんですよ。私がやっている事って。ただの自己満足ですしおすし。でも気にしなーい。自分が楽しけりゃそれでーいーじゃん! これは片手一本で全て一人でやっています。大した道具も使ってないですし、でもね発想と工夫でなんとかなったりするんですよ。リハビリって単にストレッチや体操だけでは無くて、実際に生活して行く上で、やれるようにして行かなければならない事が沢山あり、その工程や作業もリハビリだと思っています。リハビリを苦痛と考える方も居るようですが、私は無いですね。だって自分が楽しいと感じているのが、これらのリハビリですからね。

IMG_2165_Fotor.jpg

posted by healxheel at 12:49| Comment(0) | 装具類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: